大宇宙ジャパン株式会社ロゴ
事例トップイメージ

マルチデバイス多機種テスト

お客様/プロジェクト

お客様は、民間シンクタンクの大手SIerです。メガバンクや地方銀行、ネット銀行に対して各種ITサービス提供を行っており、その一環でスマートデバイス向けアプリケーション(B to C)も提供しています。

ビジネスニーズ

お客様はスマートデバイス向けアプリケーション開発において、ワンストップでソリューションを提供できるパートナーを求めていました。
従来は『開発』と『動作検証』を別々のベンダーに委託していた為、短期間でテスト量を消化することが難しく、不具合対応時のお客様側の管理負荷が高止まりしている状況でした。
お客様の課題解決のため、以下の要求を実現する必要がありました。

  • 日本国内で流通しているスマートフォンおよびタブレット実機をOSバリエーションを網羅し、所有している。
  • ファシリティを含めセキュアな検証環境を所有している。
  • アプリケーション開発とマルチデバイス動作検証をワンストップで実施できる。

大宇宙ソリューション

当社は沖縄に実機検証センターを所有しており、アプリケーション開発とマルチデバイス動作検証をワンストップで提供することが出来ます。
実機検証センターは日本国内で流通している約1100機種のスマートフォンやタブレットを各OSバリエーションで所有しており、ポーティング対象に応じて検証対象機種を柔軟に選定することが出来ます。
また、アプリケーション開発とマルチデバイス動作検証を一社で実施することで、テストケース作成や不具合の調査・原因切り分け、プログラム修正をワンストップで実施することが可能となり、短納期・高品質を実現することが可能です。
実機検証センターには専任テスターが在籍しており、ユーザービリティテストや機能テストをスピーディに対応することが出来ます。
既存のアプリケーションに対しては、新機種や新OSのリリースに併せて動作検証のみを行うことも可能です。

メリット

  • 日本国内に流通しているスマートデバイスを網羅的に保有しており、新旧問わず様々な実機で動作検証が可能。
  • 動作検証だけでなく、アプリケーション開発と併せてワンストップでサービス提供が可能。
  • 専任テスターが在籍しており、短納期・高品質の動作検証を実施。