大宇宙ジャパン株式会社ロゴ
事例トップイメージ

スマートアプリ開発

お客様/プロジェクト

お客様は、民間シンクタンクの大手SIerです。メガバンクや地方銀行、ネット銀行に対して各種ITサービス提供を行っており、その一環でスマートデバイス向けアプリケーション(B to C)も提供しています。

ビジネスニーズ

新たにネットバンキングアプリを開発する際、各銀行毎に独自のサービス要件や機能要求が含まれており、ネイティブアプリを前提とした開発体制が求められていました。
お客様の要望は以下の通りです。

  • ハイブリッド/ネイティブアプリのいずれも対応可能な開発体制
  • 設計工程から参画可能なスキーム
  • サービスローンチ後のアプリケーションに対するエンハンスメント体制
  • マルチデバイスでのアプリ動作検証をワンストップ提供

大宇宙ソリューション

当社はオンサイト・オフショアで各々体制を準備し、要件定義からサービスローンチまでをワンストップ対応できる開発体制を構築しました。
UI設計などユーザー要件を固める必要がある工程は日本オンサイト側が主体となってプロジェクトをリードし、実装工程は中国オフショア側が主体となって作業を推進します。
その為、ネイティブアプリ開発では難しいとされるオフショア活用を、高品質かつ短納期で実現することが可能です。

メリット

  • 中国オフショアを活用することで、iOS/Androidのネイティブアプリ開発エンジニアを容易に確保することが出来る
  • 要件次第で、クロスプラットフォームを活用した開発体制も準備可能
  • デザイン作成も対応でき、デザインとアプリ実装をワンストップで受託できる
  • マルチデバイス動作検証とセットで対応でき、高品質のアプリ開発を実現

使用した技術

Android(Java)、iOS(Swfit,ObjectC)