大宇宙ジャパン株式会社ロゴ
事例トップイメージ

電子部品製造業 オフショア活用コンサルティング

お客様/プロジェクト

お客様は、電子部品製造業です。これまでシステムの運用保守は、日本国内SIerのSESを受け、自社社員主体で行っていました。
運用コスト削減を図るため、オフショア開発を活用を検討していました。

ビジネスニーズ

お客様でこれまで経験値の高いIT人材を活用しながら、スピードを優先する開発方針を採用してきましたが、今後のIT部門の組織構造として、高齢化が進んだ場合、いずれ経験値の高い人材が枯渇していくことが想定できます。
このため、将来に向けて、継続的に開発体制を維持できる組織構造に変えていく必要がありました。
お客様の要望は以下の通りです。

  • 維持保守業務をアウトソーシングすることで、自社社員の適材配置を実施したい。
  • オフショアリソースを活用することで、維持保守業務の運用コスト削減を図りたい。
  • 自社業務の完全外部委託可能が有効なのか、またオフショア活用可能な状態なのか判断材料に乏しく、Fit&Gapを行いたい。

大宇宙ソリューション

当社はオフショア開発を主体とした新規開発や維持保守サービスを提供しており、これまでに数多くのプロジェクトに携わってきました。
また、当社には日本国内に約180名のSEが在籍しており、要件定義や基本設計を中心にプロジェクトに携わっています。
ここで培われたオフショア開発に必要なナレッジやノウハウを基に、お客様の対象業務やシステム特性を考慮したオフショア活用コンサルティングサービスを提供しています。

メリット

  • オフショア開発の経験がない企業様でも、事前のオフショア適用アセスメントで現状を整理することで、無理なくオフショア開発を活用出来る。
  • ドキュメント類の過不足等も整理できるので、実際のプロジェクトが開始する前に対策を打つことが可能となる。

使用した技術

大宇宙独自のオフショア活用メソッド