大宇宙ジャパン株式会社ロゴ
事例トップイメージ

外観検査システム

利用技術

AIディープラーニング画像認識、PLC

目的

品質検査業務負荷軽減と精度向上

概要

従来手法では、データの関連性を見つけ、特徴抽出のアルゴリズムを設計するために専門知識と試行錯誤が必要でしたが、AIディープラーニングでは対象データの学習によって特徴量が自動的に抽出されます。
対象製品の外観を360度検査し、品質検査上の問題点を素早く正確に検出することが可能となりました。